Img_34049b5daac86aea8ccf704d783f03649621f508

明日は道明寺手づくりの市!日付が変わってしまったので今日ですが、、、

夕方、車に積み込んでいる最中に雨になり途中で中断。いまだに降っている、、、


明日の朝にはあがっているようなので、朝一番にササッと積んで、楽しい道明寺手づくりの市に

向かいます。


今回も広めのスペースを使わせて頂けるので、ワークデスクとイスの展示をしようと思います。

イスの座り心地と、デスクの手触り、抽斗(ひきだし)の軽さを体感して下さい!


  ※ワークデスク、イスの紹介ページはこちらから → 
Img_1d1b2bdb146c78dbbdcb817b4cbe6cf87a567b66

サヤです。

昨日、道明寺手づくりの市に参加してきました。

今回で6回目の出展。

顔なじみのお客様も増え、私たちも毎度楽しみにしている市です。

天候に恵まれ、念願のワークデスクを展示することが出来ました!


今は、器や小さいモノをたくさん作っているともさんですが

もともとは家具職人であり、器に負けないぐらい良い家具を作っています。

なかなか言葉や写真では伝えられない、その良さを

肌身で感じてもらえたら嬉しいな、と

道明寺手づくりの市へのデスク出展は前々から願っていたことでした。

外の自然光に照らされたチェリーのワークデスクは

身内ながら惚れ惚れするほど美しく、普段とはまた違う展示が出来たように思います。



そして、念願叶ったことがもう一つ。
Img_4c4c77ce6ce515943640edf2d0380236a64e7466
nestさんのスツールです!

作業のときに使う、座面の高いスツール。

毎回、手づくりの市で会う度に、nestさんのブースを覗いて・・・

ちょうどいいのに出逢えるのを待っていました。

同じ家具を作っているのに、ともさんのとは全然違う家具。

これから、座って、座って、我が家色に染まっていくことでしょう♪



また、このHPで結婚式の記事を読んだ、と

暖かいお祝いの言葉をたくさんいただきました。

みなさん、ありがとうございました!

出展している私たちとお客様の距離が近く、本当に素敵な市だと改めて感じました。



そんなこんなで、素敵な人やモノに出逢え、贅沢で楽しい一日でした!

まだまだ年内の仕事に追われているともさんの分も合わせて感謝します。

楽しい一日を、ありがとうございました!!






サヤです。

日曜日、『楽しい一日』と締めくくった道明寺手づくりの市のあと

実はもう一つ素敵な出逢いを果たしていました。


大阪府堺市の sizukuさんで開催している『ぬくもりの器展』にお邪魔し

素敵なグラタン皿を見つけてしまったのです。
Img_7376d17a8c34e84f840232745de51a7750431252
八木橋昇さんのグラタン皿(耐熱黒釉シリーズ)
前々から欲しいと思いながら、これまで出逢えずにいましたが。ついに!

可愛く1人1皿ずつ・・・とも思いましたが、1人用のはサイズも可愛い過ぎて

私とともさんの食べっぷりでは足りない。。

ということで、思いきって大きいのを1皿ゲット!!

直火もオーブンも電子レンジもOKということで

いろんな料理を楽しめそうです♪

(完全に、器に負けている料理の腕を磨かなければ。。)



それにしても、お買いものって楽しい!

sizukuさんは、ともさんの作品も扱っていただいているお店ですが

器と料理が大好きなのがにじみ出ている優しいオーナーさんで

お話を伺っていると、その器に盛られた料理が頭に浮かんできて

なんだかウキウキしてきます♪

ご主人も気さくな面白い方で、共に犬好きなこともあり

かぶとのことも、いつも気にかけてくれています。

手づくりの市の賑やかな空気から一変

お二人に甘えて、ほっと一息・・・閉店ギリギリまで寛いでしまいました。


『ぬくもりの器展』 10日の土曜日まで開催していますので

お近くの方はぜひ!!覗いてみてください。







サヤです。

やっとのことですが、 手仕事ページを半分UPしました!
いつかいつか・・・と思いながら、長い間『準備中』のままで失礼しました。。

全てではありませんが、ともさんの作品を紹介しています。


今回UP出来たのは【木の器】にあてはまる作品で、

続いて【暮らしの道具】の方も作成し、UPする予定です。

そちらはもうしばらくお待ちください。。(知識不足で一度にUP出来ず・・・)


写真や言葉では伝えられないこともありますので

実物を手に取って見ていただくのが一番ですが、

少しでも多くの方に、ともさんの作品を見て

興味を持っていただけたら嬉しいです。


初めてのHP作りで、素人の手探り状態ではありますが

ぜひ、ご覧になってみてください!!




Img_d3c9b8871dbf46bedbd7245b31ffbb1dc3f64ca7
Img_6f8f25fb033a01332334e10f0ed97f026219a5df
遠くに富士山

この秋から冬にかけて、シカの調査でたくさんの山を歩きました。

18歳の頃から参加している調査で、木工の道に進んでからは

なかなか参加することができませんでしたが、

独立してからまた再び山を歩いています。


決められたコース(尾根)を歩き、シカの痕跡を記録していく調査で

コースと言っても登山道があるわけではないので、コンパス片手に

地図を読みながら進んでいきます。



Img_635c20cbf6f29a26cfcb607075e8eb30ace1ca03
地図とコース
Img_a9019b2361b0c687c080597a55c33a900233e87e
広葉樹の尾根

紅葉した尾根。手入れされた植林地。岩山。視界のほとんどない笹やぶ。

山はいろんな表情をしていますが、やっぱり、僕は山の中にいるのが好きです!


Img_f10006168d27b276d1078ba9c20ff9047dbb3dc8
Img_29507d71fd55fc36be026f9586f3c95140eb1a0c


Img_2363e01c2b38a4ffab753395ab1db97fcec8c894
紅葉
Img_bdc253d51e98be1a4f0ee86b5c5b5d64e115ad80
身の丈ほどのササの尾根

山を静かに歩いていると、時より、野生動物に出逢うことができます。

目よりも耳からの情報が先で、足音や物音で気付くことが多く

じっと、その音の先を見ていると動物がとことことやってきます。

今年も、シカにカモシカ、イノシシにサル、タヌキ、ハクビシン、イタチ、リス

そして、工房名にもなっているツキノワグマと、沢山の動物たちに出逢いました。


Img_1ae14346939f087c313275143291ea9ff1682696
木の上のツキノワグマ 腰のあたりが見えてる
Img_c4fa49d364682e4ebc218c75a7bcf68017378ecb
大きなブナの木

山を歩いていると、感覚が研ぎ澄まされます。

少しだけ、植物や動物に近付けたような、、、


地球上で生きているのが、人間だけではないことがよくわかります。






木工を生業としていると、当然のようにおがくずが出る。

家具のような大きな物を作るとその量はすごい。


我が家では、薪ストーブの火種にしたり、

畑に撒いて土が風で飛ぶのをおさえたり、

植木の根元に撒いて寒さ対策に使ったりもしているけど、

到底使いきれない。



Img_92844f8c3d7f1c3c55af09c481d59e6f9c7ccd11
Img_ab6c08470118dab5acb4c8737642c570d954790f

そこで!お世話になっているのが近くにある牛舎。

牛が多い時で20頭ぐらいいるのかな。

ここで、牛フンを使った堆肥を作っていて、その材料として

混ぜてもらっている。牛舎の床に敷き詰めたりもする。

うちで出たおがくずが牛フンと出会って堆肥となり

農家の畑でまた土に還っていく。


木工は、陶芸やガラスのように形のないところから生み出すものではなく

形ある材料から削りだしていくものなので、作品にならずに削られた部分も

有効に使ってあげたいと思っている。






Img_5855560021cbcc9f45b1922ae772d9e4aa5d2285

大きなサラダボウルのご注文を受けていました。

大きさは290Φの高さが60ミリ。樹種はウォールナット。


集成材(細かい木材をたくさん接着して作った材)で作られたものを見たことはありますが

無垢の一枚板から削り出したそれは、迫力が違います。

このサイズのものを作れて、かつ良い材料となるとなかなか出逢えません。

今回も、お世話になっている材木屋さんが、制作出来る良い板を1枚だけ見つけてくれました。

Img_75ebaf048cf77557865063d6d8cb0eb7d4a765f7

その板からあと3つなら制作出来そうです。

ご希望の方はメールにてお知らせください!


5、6人分は軽く入るサイズで

パーティーの時などに使うと

テーブル全体の印象が、さらにグッと良いものになりますよ。



Img_e8935b785f07be0ea6089612787f9b3f4e1d56c2

堺の sizuku さんを通して、岸和田でお料理教室やカフェをされている方から

お店でケーキを陳列する台(皿)をご注文頂いていました。

ガラスドームをかぶせてお使いになるそうです!


ケーキ台 チェリー    サイズ:290Φ


定番で作っているお皿は三角丸の形をしていますが、今回はまん丸。

三角丸シリーズと同じ削り方で、縁だけ少しおこした形にしました。


結構良いフォルムに仕上がったので、パン皿サイズで三角丸より少し厚めの

まん丸タイプも作品として試作してみようと思います。


特注のオーダーを頂けると、自分の頭の中にはなかった形に出逢う事が出来るので

とってもありがたい!


お店で、おいしそうなケーキを載せた姿を見るのが楽しみです!!


Img_5f634684064151a87637051226f71f9fad0558f8




Img_a5a709e6fbf5d9eb45ba675953a4251b3ebb75c1
あっという間の1年でした。

幅の広いチェリーの座卓を仕上げつつ、ありがたい事に追加で欲しいと

言ってもらえた、僕たちの食事会の引き出物「ぶあつい角皿」と

もっと大きくした「ぶあつい大皿」を1年を振り返りながら制作していました。


最後にお皿も座卓も作っているところが「木の器と暮らしの道具」に

ピッタリやなぁと思いながら。


年内は、この座卓を納めに行って仕事納めです!

沢山の人に出逢い、いろいろな人とお話出来た1年でした。

それでも、まだまだ、刺激を受けることが足りていないと感じているので

来年はもっと、人の作品や感性に触れる場に出ていきたいと思います。


今年1年ありがとうございました。

来年もまた、よろしくお願いいたします。  

ふるいともかず