Img_b6f08acc887f0643a6f3c382e4ca81a11c0e697e

サヤです。

ともさんは、忙しく働きまわっています。

里帰り中の私は、かぶとを東京・府中に残して

母・姉・姪っ子しぃちゃんと女4人で鳥取砂丘に行ってきました。


天気に恵まれ、さわやかな空と海、そして砂浜の広がる景色が

ほんとうに心地よく、もうそれだけで長旅の疲れはどこへやら。

さらさらの砂に感動し、ずーっと裸足で砂浜を歩きました。

気持ち良かったー!!

Img_e2078801e3a3c9c4fd3e12585dfeecb1e2888756

犬を連れて歩いている人も、ちらほら。

今度は、ともさん&かぶとも一緒に行きたいなぁ♪

京都の我が家までは、車で下道を通って4時間。高速を使えば3時間ほど。

日帰りコースでも行けるかな??



愛姪っ子しぃちゃんも砂で楽しそうに遊んでました☆
Img_25882831ea0a6b07616a33aaf72df779dcb71de9







サヤです。

東京・府中の実家からレポートです。


実家では、ともさんのパン皿を使ってくれています。

ともさんが作っているような木の器など、ほとんど使ったことのなかった我が家族。

使い始めてから約4ヶ月経って、パン皿はだいぶ強くいい感じに成長していました!

ほぼ毎日のように、パンやおかずを乗せて愛用しているとのこと。

旅立っていった作品がたくましく使われている姿を見ると、私も嬉しくなります。

Img_98f8be63fd8fdaa0ee4491ad43a7f4b9f8abe8b2
そんな今日のおかずは、私の大好きな『母さん特製コロッケ』

ほくほくしてて、ほんとに美味しい♪

やっぱり家のコロッケが一番です!

ともさんにも食べさせてあげたい・・・と思いながら、まだ京都では挑戦していません。。

Img_d6e05ad6bee86014f3b80ced9459f0fc4f8f7a0e
実家から出て、母さん料理の美味しさを改めて実感しています。

もっといっぱい教えてもらっておけばよかった。。

いやいや、まだ遅くはない。これからもチョイチョイ教えてもらおう!!








結婚して1年。 あっという間に時が過ぎていった。そんな印象。

京都に暮らしていながら、京都らしいことをほとんど経験してこなかったので、

1周年の記念に、京都四条にある京料理「木乃婦」で二人で食事。

通された部屋の内装や雰囲気もお料理もとっても素敵で、おいしかった。


Img_67c9e8bcea063234a5c85eaf96aeade8806f8c79
Img_beef40df6b1e79839c0c34abd2d40f6a2d41671b

Img_48dc4bdcbaf5bd31f53c89c59c1027e828a1566a
Img_b8584b31e40a48874a80ec606d6d13fbd99a933e

Img_758c73b5dc7b1d5844913e1b29451c7515b84b87
Img_3d9c9e79ed647f66346a4e6d3735bce186c58272

Img_d24f2e07cc2ef664707d0d6dbaff8332b5558b92
Img_29c73f40611f986ad4fe11658cadee735e8e03c8

Img_edf2a6783fc39b993c8713742bb5114b51a0d25c
Img_ef051a6539f547b3aefb294d9cbcc3021402694d
昨日、京都の吉田神社で挙式をしました。
とっても良い天気で、紅葉もきれいだった。
生演奏の雅楽も心地よかった。

そのあとは、親族だけの小さな食事会。
ここでのお料理をお願いしたのが、京料理「木乃婦」さん。
みんな楽しんでもらえたかな!

僕自身は、お酒が弱いにもかかわらず
三三九度のお神酒をまじめに飲んでしまい
おいしい料理と判っていながらも箸をのばすことが出来ないという
ちょっと残念な状態でした。


そして、みんなに持って帰ってもらう引き出物は
二人で考えて四角いお皿を作りました。
両家の母だけ特別に、お料理の盛り付けにも使ってもらった。
木乃婦さんの天ぷらに良くあっていた!!(写真がない、、、)


人前でしゃべることが得意ではないこともあり、
あまり式とか行事といったものに積極的ではなかったけど、
この日の為に、二人で準備してきた事やその過程で考えたこと、
当日もらったたくさんの言葉や笑顔や涙。それらを思うと、
やって良かったなぁとしみじみ思える一日でした。

ありがとうございました。
Img_8b8d902cc037c2e81b370ab8fc1b56521062a473
Img_abbd061e9b23b642c25de40bdecd99c8d92b39b7

さやです。

2人でいろいろ考えて誕生した『ぶあつい角皿』
私たちの結婚式で、持って帰ってもらった引き出物です。

みんな喜んでくれました。
お母さんも、鼻高々で自慢だと言ってくれました。
その言葉にほっとし、こだわって良かった!と改めて実感。

引き出物には、言葉では表しきれない2人からの感謝の気持ちが詰まっています。

ながーく、愛用してもらえたら嬉しいです。

Img_c82b5158f7236937cb18528fc851f357b417b2bc

木の器は、まだまだあまり馴染みがない人の方が多いかもしれませんが

私は、陶器やガラスの器と並んで、気楽に日常使い出来るものだと思っています。

焼き立てのパンを載せてもサクサク感が長持ちしますし

天ぷらやから揚げ、ハンバーグ、生姜焼きのような、油の多いおかずも

オムライスやミートソースパスタ・・・我が家ではカレーライスにも木の器を使っています。

当工房の器は特に、すべすべな木肌が長持ちするよう1つ1つ丁寧に削りあげています。


結婚式という大切な日の思い出を、お揃いの器を通してみんなで共有できる

長く愛用してもらってこその引き出物です。


また、木の器は、陶器に比べると軽く、ガラスのように割れる心配もほとんどないので

年配の方にも小さなお子様にも使いやすく、引き出物として持ち帰ってもらうのに

ちょうど良いものです。



大切な人への引き出物には、木の器をお勧めします!


ご検討中の方へ

まずはお気軽にご相談ください。 → メール

当工房では、『ぶあつい角皿』の他にも、いろいろな木の器や暮らしの道具を作っています。
詳しくは手仕事ページをご覧いただき、ご検討いただければと思います。

ご注文の品や枚数にもよりますが、1つ1つ丁寧に仕上げるため
納期には3~4カ月ほどお時間をいただけるとありがたいです。
(※在庫があるものもございます。ぜひ一度、ご連絡を!)


大切な日の記念に、私たちでお役に立てれば嬉しく思います。