Img_a366520793e78b141997efba07d4dae344e137c2
夏の一枚 ゴーヤと工房

朝起きると、さやはかぶとの散歩に

僕は畑を見に行く。

まわりの人が苗を植える頃、種まきから始まったうちの畑は

今になってゴーヤやトマトが

ものすごい勢いで成長している。

この間の台風で、ゴーヤも支柱ごと倒れたものの、

今もネットのてっぺんで

さらに上へ上へ伸びようとしている。




そんな台風明けの日曜日から香川県に行っていた。

作品を扱ってくださることになった plum さんにご挨拶!

作家ものや、こだわりのメーカーもの、アンティークなど幅広いアイテムが並ぶ、

見ていて楽しくなる店内でした。この中に、自分の作るものが一緒に並ぶと

思うと嬉しくなりました。



今回は、絶対に讃岐うどんを食べようと決めていたので、

友人に教えてもらった「わらく」でとり天うどんを食べた!

閉店間際に駆け込んだ僕たちに、食後のサービス。

おろしねぎの冷やしうどん。 麺が光って綺麗だった。

おなかが結構膨れていたので、どうしようかと思ったけど、

さっぱりしていて冷たいうどんは、不思議なことに

するすると食べられました。


Img_dabfb1e40db40a373dfe7bfb97baabf9ba2600b2
Img_b7d9fe2065f43d40cd6578be851e344fbad287dc


夕陽の沈む頃、海を眺めに海岸へ。


車の中にいることが多かったかぶとも

風にあたりながら気持ちよさそうに海を眺めていました。




サヤです。


先日、友人に頼まれ、ともさんの作品に名入れをしました。

出産祝いにしたいということで、お子様の名前をひらがなで。


緊張しました・・・

手が震えるったら。

Img_595a69996a11302ad9987906a96a36048bd23645
たった2文字ですが、この2文字が入ることで

ただ一人のための器になります。

その器を抱える小さな手を想像して、勝手に感動してしまいました。


素晴らしい記念のお祝いにともさんの作品を選んでもらえたこと。

そして、微力ながら私の手を加えられたこと。

大好きな友人に感謝です!!



優しい手触りと、落としても割れない安心感、ほどよい軽さ

改めて、木の器は子供が使うのにも、とても良いなぁと感じました。


ともさんの作る器で、特に子供用としているものは無いけれど

つまりは、ずーっと大人まで使えるということなので。



今回の器も、赤ちゃんのころからずーっと、

大人になっても愛用してもらえたら嬉しいです!!



ともさんの作品に名前を入れたい方、

可能なかぎり対応いたします。

お気軽にお問い合わせください!



明日の道明寺手づくりの市、雨でも参加します!

予報を見ていると、なんとか道明寺で開催出来そうな、、、


そうなると普段よりちょっと広めのスペースを頂いたので

いつもの食器だけでなく、家具や小物なども展示したいと思います。

ただ、いつ雨が降りだすかわからない状態なので、予定していたワークデスクは

あきらめて、イスとハンガーラックを持って行こうと思います。

ぜひともイスの座り心地を試してみてください!



Img_45ac4600203fd8b7fed46412e56dc0cab936903a





18日の『道明寺手づくりの市』無事に終え帰ってきました。


一時期、雨と予報が流れ、心配されていた天気

そんなに照らさなくても・・・

というぐらいおひさまが元気な快晴でした。


素敵な笑顔にたくさん会えた楽しい一日。

会場に足を運んでくれたみなさま

暑い中、ありがとうございました。

前に旅立って行った作品たちのその後の話など

貴重な嬉しいお言葉をいただき、素敵なひと時を過ごせました。

またお会いできる日を楽しみにしております。
Img_6d142653f2160425a836a81b3c2dac6ae3d247e7



Img_4a41276fef6d71fb988c41df07dca34eb0996dc3
nest さんにもらったスイカ


朝晩すっかり寒くなりました。

一週間前の道明寺手づくりの市では、汗びっしょりだったのに。


手づくりの市の翌日から、鳥取県内の国有林を植物調査のお手伝いで歩いていました。

さすがは国有林。木工でも使うブナやミズナラ、トチにミズメの大木が沢山ありました。

木材としての美しさや特徴を知っていても、

立木の状態、樹木としての姿や特徴を知っている木工家は

あまり多くないのではないかと思います。


こうして山を歩く機会を頂ける僕は恵まれているのかも。

調査員としての役目を果たしつつ、時どき大木を見つけては

木工家目線になっていました。


楽しい山歩きも終わり、京都に戻って最初の仕事は大きな食器棚。

職人の頃にいくつも作って来てますが、ほどよい緊張感。

しっかり、きっちり仕上げたいと思います。